クリクラ福島工場についてご紹介します。

クリクラ福島工場

クリクラ福島工場

クリクラ福島プラントは、福島のみなさまにお届けする、安全でおいしい水をつくっています。

  • 水も「鮮度」が大切です。できたての水を新鮮なままでお届けします。
  • 水も「地産地消」が大切です。遠距離輸送によるエネルギーやCO2排出量を削減し、福島の力で福島を元気にします。
 
このページの先頭に戻る

クリクラプラントの特徴

世界レベルの衛生管理

クリクラ福島プラントでは積極的に5S活動を行っています。5S活動とは、整理・整頓・清掃・清潔・躾(しつけ)を徹底して職場環境を維持改善すること。この毎日の積み重ねにより、クリクラ福島工場内の施設・設備は衛生的に保たれています。また、クリクラでは世界基準の衛生管理システムを導入しています。クリクラ住之江プラントでは厚生労働省によるHACCPシステム(総合衛生管理製造過程)の認証、クリクラ松戸プラントでは日本宅配水協会のJBWA-HACCP認証を受けました。クリクラ福島プラントも、宅配水業界トップレベルの衛生管理で安全な水を製造しています。

衛生管理された設備

製造ラインはすべて管理区域内

クリクラの製品水の製造工程はもちろん、空ボトルの入荷、充填、密封、保管の全工程がクリクラ工場の管理区域内で行われます。管理区域内では、空中の浮遊菌や埃の数など衛生環境を厳重に管理しています。管理区域は[汚染区域][準清潔区域][清潔区域][清浄区域]に分かれており、重要な工程ほどクリーン度をコントロールしています。

管理区域内の水製造設備

オートメーション化された製造ライン

空ボトルの洗浄・殺菌から充填・密封まで製造工程はオートメーション化。衛生的でクリーンな製造ラインでクリクラの製品水がつくられます。

自動化された製造ライン

重要な工程はクリーンルーム内

全ての製造工程が管理区域内で行われると共に、クリクラボトルへの製品水の充填・密封を行うラインや材料のタンク等は、クリーン度が最も高いクリーン度クラス100の衛生的なクリーンルーム内にあります。

クリーンルーム内で行われるクリクラ水の充填・密封

専任検査員による全ボトルの検査

クリクラの製品水の検査工程は、専任検査員が1本1本丁寧に行っています。空ボトルの外側、内側の汚れや異物はもちろん、内部の官能検査(臭気)や出来上がったクリクラボトルの目視検査まで、専任検査員が全ボトルの検査を行っています。

クリクラボトル1本1本を丁寧に全数検査
 
このページの先頭に戻る
無料お試しはこちらから
新規お申し込みはこちらから
安全・安心 おいしい
経済的・エコ 便利・書いてく